箱根駅伝追走記

ブログトップ

<   2007年 01月 ( 76 )   > この月の画像一覧

湘南国際マラソン コース研究(15~17km)

c0023495_215868.jpg

c0023495_224333.jpg
c0023495_231258.jpg

画像上:[10:30]15km 西湘バイパス入口
画像中:[10:36]16km 大磯港(以降、西湘バイパス上)
画像下:[10:42]17km 大磯中学

トップランナーが1kmを3分ちょっとだとして、
一般市民ランナー(1kmを6分ちょっと)の倍速と想定すると、
ちょうどこの15km地点あたりで、折り返したトップランナーが
反対車線を走ってくるという計算?^^;
目標(?)が見えるのも、折り返しマラソンの面白さ。^^)

15kmから先は、1/27の試走会の翌週2/4の画像です。
(試走会当日は、15kmから先のコースが不明だったため。)

出かけるのが遅くなり^^;15kmの画像撮影時間が15:30(夕方やん^^;)
本戦当日の景色(特に太陽と影の位置)は5時間分ズレます。m(__)m
[PR]
by ekiden2005 | 2007-01-30 10:24 | ■湘南国際マラソン

湘南国際マラソン コース研究(12km~14km)

c0023495_10204933.jpg
c0023495_102147.jpg
c0023495_10212235.jpg

画像上:[10:12]12km、高浜台、湘南海岸公園
画像中:[10:18]13km、龍城ヶ丘
画像下:[10:24]14km、花水台、花水橋(かな?)
    橋を渡り終わって、箱根駅伝平塚中継所
[PR]
by ekiden2005 | 2007-01-30 10:21 | ■湘南国際マラソン

湘南国際マラソン コース研究(9km~11km)

c0023495_10172829.jpg

c0023495_21132024.jpg
c0023495_1018065.jpg

画像上:[9:54]9km、西浜。
画像中:[10:00]10km、柳島海岸、下水道処理場 左右にカーブします。
    ちなみに、交通・警備、競技運営上、
    フルマラソンの部に関門閉鎖時刻が設けられますが、
    第一関門がここになります。
    10:18までに通過しなければなりません。
画像下:[10:06]11km、湘南大橋
    渡り始めて400mほど橋上です。向かい風だとシンドイ?^^;
    走っているのは、先日の試走会の第1グループです。^^)
[PR]
by ekiden2005 | 2007-01-30 10:18 | ■湘南国際マラソン

湘南国際マラソン コース研究(6km~8km)

c0023495_2115774.jpg
c0023495_10142988.jpg
c0023495_10145328.jpg

画像上:[9:36]6km、白浜町、茅ヶ崎GC
画像中:[9:42]7km、東海岸南、310号線との分岐交差点手前
画像下:[9:48]8km、中海岸、サザンビーチ、茅ヶ崎グランドホテル
    やや上り、ちょっと賑やかで開けています。
[PR]
by ekiden2005 | 2007-01-30 10:15 | ■湘南国際マラソン

湘南国際マラソン コース研究(3km~5km)

c0023495_21184238.jpg
c0023495_10103621.jpg

c0023495_2117128.jpg

画像上:[9:18]3km、浜見山交番前陸橋
画像中:[9:24]4km、辻堂海浜公園
画像下:[9:30]5km、浜須賀、汐見台交差点過ぎあたり
    ここから箱根駅伝3区と同じコースです。

基本的に、平坦まっすぐ。
防砂林で海も見えず、ひたすら走るのみ^^;
[PR]
by ekiden2005 | 2007-01-30 10:11 | ■湘南国際マラソン

湘南国際マラソン コース研究(スタート~2km)

c0023495_1042032.jpg

c0023495_2121392.jpg

c0023495_1051274.jpg

今回の湘南国際マラソン、コース取りには苦労があったようです。
企画時点では鎌倉の八幡宮をスタートし、
若宮大路を駆け抜けるなんて絵になる面白い案もあったようですが、
最終的には鎌倉市の協力が得られなかったようです。

もちろん「競技」が目的とはいえ、景勝地や名所を巡って
走る人、見る人が楽しめるコース取りは大会に大切な要素。
日程も、他のマラソン大会をにらんで、
本当はもう1週後を考えていたようですが、
年度末、月末の観光地集客の都合等で、3/18となったようです。

結局、「江ノ島」(藤沢市)をスタート。
「湘南海岸沿い」、「箱根駅伝と同じコース」を走り、
本来なら大磯から「東海道松並木」を・・・と考えたようですが、
1号線を止めることはできなかったのでしょうか、
自動車専用道の「西湘バイパス」を使うことになったようです。
これはこれで箱根駅伝とは違う景色でもあり、面白いですね。

134号、西湘バイパスは、ランナー走行中は完全規制となるようで、
追っかけ並走車はピンチか!(笑)

コース詳細は、現在神奈川県警等と最終調整中。
2月上旬に公表とのことです。

画像は、先日の試走会の際に、スタート(江ノ島水族館)から
1kmごとに撮影したものです。
1km=6分の計算で9:00のフルマラソンスタートからの時刻を
[  ]で記入してみました。参考に!(なるのか?^^;)

画像上:[9:00]スタート、新江ノ島水族館、観光地真っ只中。
画像中:[9:06]1km、マクドナルド付近、右にレストランなどが並びます。
画像下:[9:12]2km、国道1号分岐交差点付近、右は住宅地。
 (車の距離メータを参考にしているので、多少のズレはご容赦願います。^^;)

ちなみに、試走会当日(1/27)の天候は晴れ。
撮影時間は、本戦フルマラソンのスタート時間(9:00)からは
1時間50分くらい後(スタートの画像撮影時間が10:50)ですので、
防砂林や建物の影はもう少し伸びると考えた方が良いかも知れません。
[PR]
by ekiden2005 | 2007-01-30 10:06 | ■湘南国際マラソン

湘南国際マラソン

1月の箱根駅伝が終わると、翌年の1月まで更新が止まるブログなので^^;
ちょっとこんなものを割り込ませていただこうと思います。

箱根駅伝好きが高じて(?) 
湘南国際マラソンの企画のお手伝いをしてきました。
それが、幾多の難関をクリアしてようやく今年実現。

概要は以下の通りです。
http://www.shonan-kokusai.jp

■大会名称:2007湘南国際マラソン
■主催:湘南国際マラソン大会実行委員会
■主管:神奈川陸上競技協会
■開催日:2007年3月18日(日)
■種目:フルマラソン(エリートの部、一般の部、招待選手)
    10km(一般の部、障害者)
■参加人員:10000人
■申込み:すでに終了しています。

この大会の試走会が、明日(1/27)開催されます。
本戦とともに、試走会の様子も追っかけてみたいと思います。

(これで1月から3月までは間が持つか^^;)

※SNS 「mixi」に「湘南国際マラソンコミュニティ」を開設しています。
 ご参加ください。
 http://mixi.jp/
[PR]
by ekiden2005 | 2007-01-26 13:45 | ■湘南国際マラソン

2007年箱根駅伝スライドショー

おお! exciteってこんなことができるようになったのね。
画像10枚までなので、全校じゃないのはご勘弁^^;


[PR]
by ekiden2005 | 2007-01-06 22:18 |  2007

2007箱根駅伝の分析

昨年同様、こんな分析をしてみました。
以下に、各大学の各区間順位を記載しておきます。

区間1~3位を(T)として斜体で、区間18~20位(W)を下線で示し、
最後にTの数-Wの数を示します。

        1区2区3区4区5区  6区7区8区9区10区  T W  T'-W'
1 順天堂    14 12 4 1 1   8 4 4 1 1   4-0=4 (7-0=7)
2 日本     6 8 2 2 12   1 3 3 8 2   6-0=6 (6-0=6)
3 東海     1 2 18 4 14   10 2 7 5 9   3-1=2 (3-0=3)
4 日本体育   5 4 8 7 4   5 1 6 18 15   1-1=0 (3-1=2)
5 東洋     2 3 5 5 17   4 11 1 6 8   3-0=3 (3-1=2) 
6 早稲田    9 1 3 14 8   9 13 13 10 3    3-0=3 (3-0=3)
7 駒澤     15 13 13 3 7   2 7 19 4 5   2-1=1 (3-1=2)
8 中央     17 15 1 20 3   12 6 9 3 4   3-1=2 (4-2=2)  
9 専修     4 5 9 9 13   7 12 10 9 7   0-0=0 (1-0=1)
10 亜細亜    7 16 10 8 11   15 9 5 2 13   1-0=1 (1-0=1)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
11 城西     3 17 7 11 10   17 8 2 11 16   2-0=2 (2-2=0)
12 山梨学院  11 6 17 12 5   14 15 11 12 10   0-0=0 (0-1=-1)
13 中央学院  8 7 6 6 9   18 10 14 14 11   0-1=-1 (0-1=-1)
14 大東文化  19 20 11 15 6    3 14 16 15 18   1-3=-2 (1-3=-2)
15 法政    18 18 14 10 15   13 17 15 7 14   0-2=-2 (0-3=-3)
16 明治    16 9 15 18 2   11 15 17 17 20   1-2=-1 (1-4=-3)
17 神奈川   12 10 20 13 16   20 5 18 16 17   0-3=-3 (0-4=-4)
18 國學院   10 14 12 17 18   16 18 11 19 19   0-4=-4 (0-5=-5)
19 国士舘   20 19 19 19 19   19 19 8 13 12   0-7=-7 (0-7=-7)
20 学連選抜  13 11 16 16 20   6 20 20 19 5   0-4=-4 (0-4=-4)

当然のことながら、T-Wの数が多い方が上位になります。
さらに、T-Wが0以上でシードに絡む順位になります。

ちなみに、T'(1~4位)-W'(17~20位)で計算したのが()で、
ほぼ総合順位通りに並ぶのと、その差が1以上でシード獲得、
0以下でシード落ちという判りやすい結果になります。

要するに、ブレーキ区(17位以下)があっても、
それをカバーする1~4位区が同数以上あれば、シードを確保できる...
そんな当たり前の期待を込めて、今年の分析を完了したいと思います。
[PR]
by ekiden2005 | 2007-01-06 14:16 |  2007戦い済んで

2007年箱根駅伝

2007年の箱根駅伝が終わった。
我が家はこれで1年が始まり、1年が終わる。
それだけに、応援校の結果は、残り363日の惰性の日々に影響する^^;

往路の結果
1位 順大、2位 東海大、3位 日体大
4位 早稲田大、5位 日大、6位 中央学院大
7位 駒澤大、8位 専修大、9位 山梨学院大、10位 東洋大
11位 明治大、12位 城西大、13位 亜細亜大
14位 中央大、15位 大東文化大、16位 法政大
17位 神大、18位 國學院大、19位 国士舘大、20位 学連選抜

1区で2位に4分差をつけた新記録で
箱根までトップを譲らなかった東海はさすが。
5区山登りで区間新をとった今井は破格。

復路単独の結果
1位 順大、2位 日大、3位 東洋大
4位 東海大、5位 中央大、6位 亜細亜大
7位 駒澤大、8位 専修大、9位 日体大、10位 早稲田大
11位 城西大、12位 山梨学院大、13位 法政大
14位 大東文化大、15位 中央学院大、16位 国士舘大
17位 神大、18位 國學院大、19位 明治大、20位 学連選抜

総合順位
1位 順大、2位 日大、3位 東海大
4位 日体大、5位 東洋大、6位 早稲田大
7位 駒澤大、8位 中央大、9位 専修大、10位 亜細亜大
11位 城西大、12位 山梨学院大、13位 中央学院大
14位 大東文化大、15位 法政大、16位 明治大
17位 神大、18位 國學院大、19位 国士舘大、20位 学連選抜

復路でリードを堅実に守った(復路の)順大は、まさに現代駅伝の王者。
復路でなんとかシードをとった亜細亜、中央はひと安心。
逆に復路でシードを失った山梨、中央学院は残念だろう。

城西は、またしてももう一息。でも、こういうチームが強くなるのだ。
復路で順位を上げた東洋、中央は、来年は怖い存在だ。

さて神大。
今年は、出雲は不出場、全日本は12位、
箱根は時折最下位に落ちる17位...安定した超低空飛行となった。
かつては連覇を果たした雑草集団が「古豪」などと呼ばれるのは、
そもそも不似合いであり、全くもってふさわしくない。

部長、監督は、「選手に責任はない。指導者の指導力不足だ」と説明した。
いや、そうではないだろう。
スタッフにも選手も、まだまだ応援が足りない大学、
OB、地域にも責任があり、それぞれが次への課題を与えられたと思う。

順大は去年の9区の失速を、チーム全体で受け止めバネにした。
日大、東海はエースだけに頼らない意地が底力になったと感じる。
東洋、城西は新しい指導者がチームの勢いを生んでいると思う。
思えば、神大も途中棄権というアクシデントを乗り越える力がバネだった。
要するに、チーム連携競技のエキデンは、連帯する意識が重要なのだ。
責任を誰かひとりが受け止めるような精神性では、課題は解決しない。

駅伝のコマーシャリズム化、少子化、大学全入時代の選手獲得の難しさ、
いろいろ問題がある中で、やはり”結果(勝利)が全て”でもある。
箱根に限れば1年に一度、特に新年の運試し^^;
できれば大きな声で母校の名を誇れる結果が欲しい。

来年こそは!・・・は、
今日からの不断のメンタルトレーニングにかかっているのかも。
[PR]
by ekiden2005 | 2007-01-04 12:01 |  2007戦い済んで